« 番外編 徳島ラーメン 田村 | Main | 炊飯器バナナケーキ »

峠の釜飯…じゃない!?

Img_0828軽井沢で買った横川名物、おぎのやの峠の釜飯。買うたびに思うのはこの立派な焼き物を無下に捨ててしまうのが偲びないということ。。。
もし使うとするならどうするか。ふたがついているので小物入れ?釜飯の器からすてきなアクセサリーが…なんて似合わない。だったら貯金箱にするのはどうだろう?ふたが簡単にとれるので横着な僕は一向に貯まらないこと間違いなし。そこに穴をあけて植木鉢というのはどうだろう。これはなかなかいけるかも。でも穴をあけるのがちょっとこわいなぁ。。。
Img_0827 いっそのこと炊き込みゴハンでもつめて普通に使うのがいいのだろうか?なんて事を考えながら、ふたを開けて見ましょうw
なんと中にはゴハンが詰まっている訳でも、食べちゃって空になっているわけでもありません。黄色い物体がお釜いっぱいに入っています。この黄色な物体はいったいなんでしょう?なんだかプルプルしてますね?食べ物なのか、そうでないのか。これはいったいなんなんだ!!
Img_0832 正体を見る前にこちらの写真をご覧下さい。番外編 徳島ラーメン 田村で車を出していただいたT氏からいただいた高級和三盆詰め合わせセットです。粉状のものと粒状のものとお菓子にしたものの3種類があります。
上白糖のようなただ甘いだけ甘さではなく、ぽかぽか太陽の日差しのような柔らかな甘さとしつこくない後味。疲れた時などこれを一口口にすれば元気になれること請け合いです。
Img_0830 高級な甘い素材、手頃な器。実は軽井沢から新幹線に乗っている間にすでに考えていました。そこへ丁度高級な和三盆が手に入ったらこれはもうお菓子を作るしかないでしょう。
では先ほどの黄色い物体を器に出してみましょう。とおもってヒックリ返してちょっとビックリ。なんと峠の釜飯の器は益子焼でした。
気を取り直してお皿に開けます、果たしてうまくいくかな。。。
Img_0831 ぷりりーん、と大成功。ちょっと大きいのでかろうじて形を保っていますが、和三盆糖を使用した「高級 峠の釜プリン」の出来上がりです。カラメルにもプリン生地にも和三盆糖使用。甘さ控えめすっきりさっぱりとしたプリンに仕上がりました。その代わりボリューム満点です。
いやぁ、釜が焼き物なので蒸し加減に一苦労しました。熱の入り具合はほとんど直感で決めました。普通の蒸しプリンの2倍以上は蒸したと思います。でもこのとおり大成功に終わりました。

|

« 番外編 徳島ラーメン 田村 | Main | 炊飯器バナナケーキ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「手作り」カテゴリの記事

Comments

はじめましてsingsongです。
おお!!。何かおもしろいことしてますネ。
グッドアイデア?かな。
でもおいしそう。今度、食べさせてね。

Posted by: singsong | July 30, 2008 at 11:01 AM

SingSongさん
はじめまして。
はじめましてのような気がしないんですけど、人違いだったらごめんなさい(笑)
頑張って更新しますのでまた見に来てくださいね。

Posted by: だいにゃん@管理人 | July 31, 2008 at 09:18 AM

このパターンは、初めて聞きました。
さすが、甘党ですね。
ではでは \(^O^)/

Posted by: T | July 31, 2008 at 09:44 PM

和三盆を料理にという話を聞いた時点で普通は煮物などの料理を思い浮かべるのでしょうけど、僕はすでにお菓子に使うことを考えていました。
今回はプリンでしたが、不思議とすっきり仕上がるので、他のお菓子もいけそうです。
…ただ、採算度外視のお菓子になることは確かですwww

Posted by: だいにゃん@管理人 | August 01, 2008 at 12:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44891/46505094

Listed below are links to weblogs that reference 峠の釜飯…じゃない!?:

« 番外編 徳島ラーメン 田村 | Main | 炊飯器バナナケーキ »