« テーブルのぐらつきを補修 | Main | バジルの種 »

上手に焼けました~

「上手に焼けました~」といってもモンハンの話題ではありません。
昨日のパン焼き実習を忘れないうちに復習しておこうと、ありあわせの材料でパン作りに挑戦です。

実習のときとは違い、キャラメルメロンパンのトッピング材料がないので、単純なお食事パンを作ることにしました。しかし、これが困難への第一歩でした。
使った小麦粉は、ホームベーカリー用の強力粉と日清製粉の薄力粉、日清製粉のドライイースト、雪印の無塩バター、砂糖、塩です。ほんと、ありあわせです。

実習でもらったレシピどおり、材料を調合し、最初に混ぜる仕込み水はきっちりメモどおりの43℃にしましたが、のっけから様子が違います。
実習ではかなりタルタルだったはずの第1段階で、生地がいきなり固まりだしました。強引に混ぜきるも、だいぶ違います。
追加の材料を混ぜて、ひとまとめにしようとするも、かなり粉っぽい状態、実習ではきれいにまとまったのに。。。
次にテーブルにたたきつけて、生地に空気を含ませ伸ばします…、が、あんまり伸びない。。。力ずくで伸ばして何とか見た目だけでも実習の状態に近づけます。そして、なんとか1次発酵にこぎつけました。思ったより、生地の温度が低いのでちょっとまずいかも。
1次発酵を終えて、整形します。今回は単純に丸めました…明らかに生地が冷たい。。。天板に整形したパンを並べて2次発酵に移ります。問題はここから。。。
天板ごと、適温の40℃を保ちつつ、乾かないように一定の湿度を保たねばなりません。教室には立派な発酵機があったのですが、一般家庭にそんなのあるはずもなく。。。
そうして悩んでいるときに目に入ったのがオーブントースターです。家のオーブントースターの温度目盛りは最低が80℃。実験の結果、コールドスタートで30秒~1分、ホットスタートで15秒程、80℃で熱せばちょうどよいことが分かりました。そして乾燥防止にお湯をはった容器を置き、温度チェック用に温度計を設置して2次発酵スタート!
2次発酵完了でオーブンを180℃にセットしなおして焼成します。

Ca3e0332

大きさは不ぞろいですが、どうにか上手に焼けました。味見をすると、なかなかおいしい!ちょっとふくらみ不足は否めませんが、今回の経験を生かせば、もう少しいいものが出来そうです。

今日焼いた分は明日のお弁当に持ってきます。

|

« テーブルのぐらつきを補修 | Main | バジルの種 »

「ベーカリー」カテゴリの記事

「手作り」カテゴリの記事

Comments

how are you!This was a really wonderful post! I come from roma, I was fortunate to seek your Topics in digg Also I get much in your topic really thank your very much i will come again

Posted by: bet365 | September 27, 2010 at 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テーブルのぐらつきを補修 | Main | バジルの種 »