« ちっさいカスタードまん | Main | テーブルのぐらつきを補修 »

体験レッスン パンコース

食欲の秋、勉強の秋。だいにゃんにとって趣味と実益を兼ねた、料理教室の体験レッスンに参加して来ました。
ことの始まりは、奥さんと仲良く電車通勤をしていたところ、電車内に「ホームメイド協会」の広告を見つけ、日々、料理の自己研鑽に励む奥さんが行ってみたいと言い出したことでした。
趣味としての料理は僕も少なからず興味があったのと、体験レッスン料1,000円とお手ごろだったので、一緒に体験レッスンのパンコースを受けてみることに承諾しました。

ホームメイド協会大宮教室は氷川参道から少し入ったところにありました。
こういった習い事は大人になってから初めてのことで、少し緊張しつつも受付でレッスン料を支払い、教室に入りました。

体験レッスン パンコースでは、手ごねパン2種類をひとつの生地から作ります。作るパンはキャラメルメロンパン3つと三つ編みパン2つです。ひとつの生地で2次発酵後の加工を変えることで異なるパンが作れるのです。
さらに作成時間は2時間と短め。ホームベーカリーで3~4時間かかるのに、手ごねだとかなり時間を短縮できるのです。なぜ短くなるかというと、先生の説明によれば、生地をたたきつけることで、小麦粉が変質してできるグルテンをよく絡ませることが出来るからだそうです。
しかし、このたたきつける動作のコツがなかなかつかめないのです。先生はスナップと生地の扱い方で、スパン!スパン!!と非常に気持ちのいい音を響かせているのに、僕と奥さんはペチンとかポスンとか、どうもいまいちな音しか出ません。隣のグループの生徒さんたちもコツがつかめてきたらしく、いい音を響かせています。焦りつつも、生地がうまく伸びずに先が思いやられましたが、何とか出来上がりにこぎつけました。
それにしても最初はあんなに小さかった生地が一次発酵、二次発酵、焼き上がりと、どんどん大きくなるのにはちょっと感動しました。駆け足の授業にもかかわらず、パン作りの面白さ、楽しさ、驚きを十分に感じ取れました。そして、お土産には作ったパンが全て持って帰れるのです。その量に圧巻!写真のキャラメルメロンパンは市販されているものとそん色ないサイズ、三つ編みパンはちょっと小ぶりです。僕は焼きたてパンをひとつだけ試食して、後はもって帰りました。

Ca3e0326

パンコースはパート1~パート4と師範科があり、師範科を卒業するとかなりの技術を身につけることが出来るそうです(フランスパンはパート4までがんばらないといけません)。自分がパンを作れることで、大好きなパン屋さんめぐりにもかなり役立ちそう。

…ということで、10月から本コースのパート1(全6回 22,320円)を受けることにしました。パン作りを学びつつ、なんといってもお土産に作ったパンを持ち帰ることが出来るのです。先生の話では、今回の体験レッスンと同じくらいの量のパンを毎回持ち帰ることが出来るというのです。これは1~2食(または、おやつ)が浮くことになるので、かなり、うれしい特典といえるでしょう。

大宮で奥さんと食事をした後、さいたま新都心に寄ってお買い物をしました。パン作りのことであれやこれやと盛り上がっているうちに、いつの間にかすごい買い物の量に。。。でも大丈夫、自転車版ワゴン、エクストラサイクルならこれくらいへっちゃらです。上手にパンを作れるようになったら、この自転車で移動販売とかするかも???

Image2826

ホームメイド協会のHPはこちら

|

« ちっさいカスタードまん | Main | テーブルのぐらつきを補修 »

「ベーカリー」カテゴリの記事

「手作り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ちっさいカスタードまん | Main | テーブルのぐらつきを補修 »