« 荒川”まんぷく”サイクリング | Main | ピザ置き台 »

パン教室 第3回

土曜日は、ホームメイド協会 パン教室第3回目でした。
第2回の教室で習ったピザは何度か焼いて、ほぼ作り方がわかってきた感じ。
具を乗せずに白焼きにして冷凍庫で保存しておけば、食べたいときに食べられるので便利です。
さて、第3回はブレッツェンとウインナーロールです。

教室では材料の計量も済んでいて、作り方を教えてくださる先生と、材料や道具の配布、片付けを手伝ってくださるアシスタントの先生もいらっしゃいます。
作業は簡単なブリーフィングを終えたら、作り方を説明する前に、1次発酵まで一気に作業します。パンの叩き方もだいぶなれてきて、まとまりも良くなって来ました。
ビーティング(半量ほどの強力粉と仕込み水、ドライイーストを混ぜてイースト菌を起こす作業)が終了したら、生地の粘り、イースト菌が活動していることを示す気泡があることを確認します。後から油脂を除く残りの材料を混ぜ、叩いた後に、油脂を加え、もう一度叩きます。ここまで来ると、生地の温度は人肌より少し冷たいくらいです。
しかし、家で作るのと教室で作るのとでは大違い。家でやると、生地の温度がどんどん冷たくなっていくのに、教室では1次発酵のときにベストな温度になります。やっぱり原因は室温なのだろうでしょうか。
今回は、材料にモルトパウダーが入っているので、フランスパンにだいぶ近い感じです。
1次発酵が完了した生地は6等分し、4つをブレッツェン、2つをウインナーロールにしました。
整形し、200度のオーブンで焼き上げると、カリッカリの生地に香ばしい薫りが漂います。

Ca3e0455

ウインナーロールは食べてもとてもおいしく、モルトパウダーが手に入ったら作ってみたいと思いました。

さて、パン教室はパート1~パート4と師範科まであります。今はパート1のみ受けることになっていますが、コース変更するとだいぶ授業料がお得です。パン作りが面白いのでもう少しやりたいけど、師範科まではどうかと悩み中です。

ホームメイド協会のHPはこちら。

第1回目の様子はこちら
第2回目の様子はこちら

|

« 荒川”まんぷく”サイクリング | Main | ピザ置き台 »

「ベーカリー」カテゴリの記事

「手作り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 荒川”まんぷく”サイクリング | Main | ピザ置き台 »