« June 2011 | Main | August 2011 »

行き当たりばったり、原宿〜渋谷

行き当たりばったり、原宿〜渋谷
行き当たりばったり、原宿〜渋谷
行き当たりばったり、原宿〜渋谷
天気予報から傘マークがとれず。自転車に乗ることも、外に出ることもすっかり諦めていました。
いっそのこと、勉強のために自分のPCに仮想サーバーを立てて、作業手順とか自分なりにまとめて過ごそうかと思っていました。

しかし、いつの間にか雨は止み、道路が乾き始めていたので、気晴らしに近所に散歩に出かけることにしました。
とりあえず、折りたたみ傘をもって、浦和の本屋さんを目指します。
浦和パルコに着くと、映画を見に来ていた奥さんと合流し、お昼の算段。しかしどこもいっぱいだったので、僕の提案で原宿に行くことにしました。

自転車雑誌にベトナム旅行紀が載っていて、その記事に触発され、なにがなんでも、バインミーという、ベトナムのサンドイッチが食べたくなったのでした。
原宿駅から竹下通りの入口を通り過ぎてすぐのバインミー専門店(?)パシフィックサンドイッチプレースで目的のバインミーをいただきました。
主役のはずのエビとアボガドが埋もれるくらい、野菜がたっぷり入ったサンドイッチが食べたかったんです。ニンジンなどは酢漬けになっていて、甘酸っぱい感じがいいです。個人的にはパクチーをもっと目一杯詰めて欲しかったかな。お好みでニョクマムやスイートチリソースを掛けていただきます。

お腹いっぱいになった後、スマホの情報収集にauのデザインスタジオに行きました。竹下通りは避けて、裏通りと東郷神社を通り抜けて。やっぱりxperiaか、windows phoneも捨てがたいなどと意見しながら見て回り、スタンプラリーでもらったのは残念賞のティシュでした。

表参道と明治通りの交差点を代々木公園の方へ折れ、坂の途中のGROMというジェラート屋さんで買ったジェラートを食べながら、代々木公園を抜け、ロフトの方へ坂を下りました。
縮小したパルコの前で、大きなベアブリックがなにかのイベントで展示されていました。
うっかり曲がり損ねてディズニーストアまで下ったりしましが無事、ロフト到着。
奥さんの目的の買い物も首尾良く終わり、帰路に着きました。

| | Comments (0)

パン教室と食事会

パン教室と食事会
パン教室と食事会
パン教室と食事会
土曜日は恒例のパン教室に行ってきました。
今回作ったのは、編みパンと調理パンです。
編みパンはお土産用の小さなパンと他のメンバーと作った試食用の2種類。
調理パンはちょっと凝ったハムチーズパンとナスと挽き肉のトマトソース炒めを乗せたパンです。

しかし、今日は試食を控えめにしました。なぜなら、奥さんの方の家族で浦和の満寿家でうな重をいただく予定だったのです。
パン教室のあと、浦和に自転車で移動し、満寿家の離れで板東太郎のうな重をいただきました。離れは予約のみで、サービス料が別途10%かかります。

食事会の後は、コーヒーをいただくのが習わしだったので、ジモピーとしてはここぞというお店にしたかったので、駅前の老舗喫茶店エビスヤを紹介しました。
小さなお店ですが、サービスは行き届いています。老舗だけあって、客層は年齢高め。でもここのホットケーキがなかなかの絶品です。
きめ細やかな焼き色とふんわりとした食感、しかし軽すぎない舌触り。そこに小倉アンとバニラアイスが乗って最強です。

もちろん、うな重とは別腹です。

| | Comments (0)

通勤シューズ

通勤シューズ
通勤シューズ
新しい靴を2足買いました。
ひとつは防水性能の高いビジネスシューズ、奥さんに選んでもらいました。客先用。
もうひとつは写真のカジュアルシューズ。実はSPD。
僕の仕事は、普段はジーンズOKのカジュアルなので、通勤にマウンテン用のSPDシューズを履いていくこともありましたが、ある程度、走る格好でないとかっこつかないので、普段は普通の靴でした。
しかし、足が固定されたほうが、坂道とか距離乗るときに楽なので、ジーンズにあうこのシューズを買っちゃいました。
とりあえず、だいたいの位置にクリートを付けたので、週末辺り調整しに走ります。調整といっても、シビアに合わせるってほどじゃないので、この位置で違和感なければ、そのまま固定します。

| | Comments (0)

チュロス…もどき

チュロス…もどき
朝からだらだらして、お昼に収穫したミディトマトとバジルのパスタを食べ、猫と昼寝して、おなか空いたのでおやつを作りました。
おやつはラム酒を利かせたチュロスです。。。

えっと、写真にあるとおりチュロスです!誰がなんと言おうと!!

なかなか真っ直ぐにするのは素人には難しいのです。真っ直ぐに作るには、絞り出してすぐにクルクルと回しながら形を修正するのですが、揚げ初めてからすぐに形が決まってしまいます。
そして悲劇は起こりました。

絞り出すには少し堅い生地で、出が悪くなったので、少し力を入れたとたん、絞り袋の先端から金口が油の中にぽとり。次の瞬間、押さえを失ったぶっとい生地が油の中に飛び込んでいきました。
絞り袋の先が圧力に耐えきれず切れてしまったのでした。
すでに揚げている分の様子を見つつ、油に落ちた金口を救出したものの、残った生地をどうしたものか。
仕方ないのでそのまま絞りました(写真手前の2本です)。


それにしても今日も一日が終わってしまった。たまにはどこか走りに行こうかな。食べてばかりでは太る一方だ。

| | Comments (0)

ノアレザンとオニオンチーズパン

ノアレザンとオニオンチーズパン
今回、パン教室で習ったのは、ノアレザン(写真上)とオニオンチーズパン(写真下)でした。
パン教室で作ってみたかったパン、マイベスト3に入るのがノアレザンです。
ちなみに他のマイベストは既習のチョココロネと、現在、申し込もうかどうか迷っている次のクラスで習うバゲット(フランスパン)です。

ノアレザンはクルミ(ノア)とレーズン(レザン)をたっぷり含んでいて、外側がザクザクとハードで、中は柔らかなパンです。
スーパー併設や昔ながらの街のパン屋さんではあまり見かけないかもしれません。天然酵母や素材にこだわった独立系のパン屋さんや本格派を謳う大手チェーンなら売っている可能性が高いです。

そんな本格派なパンをついにこの手で作ることになったのです。

ポイントは、米粉を振った籐のカゴで2次発酵することで、表面を適度に乾かし、焼き上がったときに、外側がザクザクとした堅い食感にすることです。

焼きたては本当に香ばしく、外側がザクザク、中はふっくら。クルミとレーズンの甘さと香ばしさは何も付ける必要がないくらいです。

一方、オニオンチーズパンは非常に柔らかな生地に別途炒めた玉ねぎとコーンとベーコンを混ぜ、チーズを乗せて焼き上げたパンです。
これはこれでおやつにはよさそうです。

| | Comments (0)

梅シロップ出来ました

梅シロップ出来ました
梅シロップが出来ました。
梅シロップおおさじ2杯くらい(お好み)にソーダ水で割って、氷を入れたら出来上がり。
梅の香りの甘いシロップ。一日の疲れが癒されます。

| | Comments (0)

変顔パンダパン

変顔パンダパン
僕が通っている、ホームメイド協会のパン教室は、コースと単発があって、コースは数回から構成されているのに対し、単発は1回だけの講座です。
日曜日は、その単発のパン教室に行ってきました。
作るパンはパンダパン。ノーマルな生地とココア生地でパンダの顔を作るのですが、僕のはパンケースに入れるのに失敗したらしく、変顔パンダになってしまいました。
今、ランチでスライスして食べています。

| | Comments (0)

オクラの花

オクラの花
ベランダ菜園のオクラに、かわいらしい白い花が咲きました。
これから咲く蕾もたくさんあるので楽しみです。

ベランダ菜園では、バジルもオレガノもローズマリーも、のびのびと育っています。
今年、初挑戦のミディトマトも収穫時期になり、十数個の青い実が、少しずつオレンジ色になり、やがて赤く色づきます。

エンドウ豆も花が咲き終わり徐々にサヤが伸びてきています。

ちなみに鑑賞用はポリシーにより、ひとつもありません。すべて食べるのが目的です。
スーパーで買えば簡単に手にはいるけど、たまには自前の野菜もいいものです。
まさに日々の努力が結実となって現れるます。手入れを怠ればそれなりの結果になりますし。

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »