« September 2011 | Main | January 2012 »

お豆腐を買いに

都幾川の「とうふ工房わたなべ」にお豆腐を買いに行きました。

荒川は開平橋から、地元サイクリストにはおなじおみの物見山ルートで、のんびりサイクリングです。

予定としては、午後1時くらいに都幾川に付くつもりで走り出します。まぁ、あくまで予定なので時間がおしてもそれほど気にしないで行きます。
有名な物見山ルートだし、のんびり行くつもりだったので、ローディにかなり抜かれると思っていたのですが、時間も遅かったせいか、2人に抜かれたくらいで、サイクリスト自体も少なかったです。
久しぶりの物見山。改めて走ると、程よい坂道で特別きついって程ではありません。ということで10km/hを切ることなく無事登頂しました。

Dsc_0508

……はい、今日はお買い物メインなのでロングテールで登頂です。

お昼を過ぎて結構おなかが空いたので、地図を見てみると近くに西友があったのでいってみると、食事を取れるところはほとんどありませんでした。仕方ないので、ときがわまで行ってしまうことにします。

Dsc_0510

物見山と鳩山ニュータウンを下りきって、交差点「鳩山駐在所前」のところでパン屋さんを発見しました。お店の名前は「そのつ森」。。。ちょっと突っ込みたくなる名前ですが、かわいいお店なので思わず寄ってしまいました。
そして、いくつかパンをお買い上げ。お店は8月にオープンしたばかりということでした。

Dsc_0512

ときがわについたものの、お目当ての「あさのや」は準備中の札がかかっていたので、他のお店を探したところ、以前から気になっていた「古民家カフェ枇杏」しかなかったので、ここで昼食をいただきました。庭にはにゃんだか猫がたくさん居て大変癒されました。

Dsc_0513

ということで、無事「とうふ工房わたなべ」で焼き豆腐2丁とおぼろ豆腐、おからコロッケにきらず揚げの季節限定「しょうが醤油」を購入できました。
お豆腐は、荷台の小型クーラーボックスに、もらった氷とともに入れるので家に帰るまで安心です。

Dsc_0517

家に帰り、パン屋さん「そのつ森」のパンを間食。
夕食は湯豆腐です。

| | Comments (0)

中山道ツーリング

11/2~11/7に掛けて、日本橋から京都三条大橋まで中山道を走ってきました。

0日目

Dsc_0129_2

お江戸日本橋から京都三条大橋まで中山道ツーリング。1日目が予定していたルート上で駅伝が開催されて、時間的にもかぶるため、日本橋~大宮宿までを1日 繰り上げました。だから「0日目」。仕事帰りに秋葉原に置いておいた自転車を取り、日本橋からスタートです。このツーリング唯一の夜パート。

Dsc_0133_2

板橋宿の手前、巣鴨地蔵通り商店街。お店はほとんど仕舞っていたけど、ゲートは煌びやかにライトアップされていました。

1日目

Dsc_0155

大宮宿は子育て地蔵を駅伝に追われてのスタート。

Dsc_0246

上尾で友人の迎撃を受け差し入れをいただきました。友人に見送られ、写真を撮りつつのんびり北上。

Dsc_0186

手書きの「中山道」の文字に案内されつつ土手を上がるとコスモスが咲いていました。

Dsc_0193

のんびりしてて、ついに熊谷 で駅伝に追いつかれてしまいました。なんとか熊谷を脱出し、旧道を行くと、旧中山道の茶屋があって、おじさんに中山道の古道はこの先だと教えていただきました。

Dsc_0205

順調に進みだしたと思ったら、本庄で本庄祭りがやってました。旧中山道は閉鎖され、屋台が立ち並ぶ中、自転車を押し て進むもパレードに遭遇し身動き不能に。山車も出てきてちょっとだけ迂回しました。

Dsc_0230

板鼻で念願のタルタルカツどんを食べて、…食べ過ぎて碓氷峠がきつかっ た。

2日目

Dsc_0250

軽井沢は紅葉が素晴らしかった。特に雲場池の鮮やかな赤は印象的。そんな軽井沢を後にして、佐久までは快適な下り。千曲川を越えた辺りから和田峠に向かっ て徐々にのぼりです。

Dsc_0293

前哨戦の笠取峠の松並木に見とれていたら、グローブを置き忘れて登ってきた道をちょっとだけ登り返し。

Dsc_0320

笠取峠を越えるとすぐに和田峠に向かう上り坂が始まりました。峠であんこの入った力餅を食 べ、どうにかこうにか標高1500mの和田峠を越えました。

Dsc_0325

ほっとしたのか、ぼけたのか、誤って木落とし坂トンネルに紛れ込んでしまい、続けて湖北トンネルで トラックに追いかけられて超焦りました。トンネルを抜けてすぐにルートに戻り、甲州街道と合流しました。

Dsc_0327

日のあるうちに諏訪大社を通過して、塩尻峠にかかったものの、旧道の途中で日が暮れて、断念。現中山道の塩尻峠を 越えました。

3日目

Dsc_0333

塩尻を出発して、少しするともう山の中。木曽路に入っていきます。

Dsc_0348

木曽平沢は漆器の町。宿場を抜ける集落には、ずらりと漆器屋さんが軒を連ねます。とはい え、この辺りの店で漆器を買ったら5桁円の漆器もざらです。

Dsc_0358

奈良井宿は古い町並みが保存され、とても美しい。観光客も結構多いです。木曽の大橋を見物し て、観光客向けの数百円の漆器を買い、補給に割れせんべいを持って鳥居峠を越えます。

Dsc_0361

鳥居峠はトンネルを通りましたが路肩に余裕がなく、右側歩道を通りま した。それにしたって1750mは長かった。

Dsc_0390

栗きんとんソフトを食べた妻籠を最後に、いよいよ雨が降り出しました。

Dsc_0398

馬籠峠を越えるころにはぬれねずみ。岐阜県に入る前に、腹ごしらえにおそばをいただきました。馬籠は入り口だけ写真に収めて通過。

Dsc_0410

その 後、小さいくせに急な上り坂を何度か越えて中津川。降ったり止んだりの雨で恵那に着くと、自転車が力尽きたようにパンク。

4日目

Dsc_0416

この日の予報は雨。移動日と割り切って一気に近江国、滋賀に向かいます。釜戸から旧中山道は山の中へ。この上り坂が半端じゃありませんでした。雨も降り出 し、急坂の区間はかなり押しました。これはもう予想済みのこと。雨もまた楽しまなければ。雨も止み、木曽川沿いにひたすら下ると、鵜沼宿の辺りで着ている ものはすっかり乾きました。

Dsc_0430

大垣でまたしても中山道祭り。この時期は本当に祭りが多いようです。仕方なく裏通りを迂回すると「お茶屋敷」という家康の御殿跡がありました。

Dsc_0434

関が原を抜けていくと、こんどは家康の初陣後がありました。近江国まではあとすこし。

Dsc_0438

ついに来ました近江国。琵琶湖まではまだ少し歩けど、この日は彦根まで。

5日目

Dsc_0450

最終日。彦根はお城を散策しながらゆっくりスタートです。ここ彦根でどうしても買っておきたいお土産があったのです。それは「招き猫」自転車移動なのでかばんに入るミニサイズの、でも九谷焼の招き猫を買いました。

Dsc_0457

彦根から先はしばらく平坦な道が続きます。なるべく旧道を選びつつ、工事を迂回しつつ。草津で伊勢経由の旧東海道と合流。ここより東海道を追うことになり ます。石山からは、仕事できたことがあるので、ちょっとだけ知ったところになります。さまざまなラッピングの京阪電車に追い越されつつ、浜大津まで。

Dsc_0461

ここ から今回の旅の最後の峠を越えて生きます。山科を通過し、東山を回りこんでゴールの三条大橋です。

Dsc_0462

おなかが空いたので、寺町どおりを一本外したところでおいしいランチをいただきました。

Dsc_0463_2

友人からの情報で、駅からちょっと離れた北山までおやつを買いに行きました。

Dsc_0464_2

奥さんのリクエスト、蓬莱の肉まんと肉団子を買って新幹線に乗り込みました。

トータル579.8km、5泊6日の旅でした。

| | Comments (1)

« September 2011 | Main | January 2012 »