« November 2011 | Main | February 2012 »

お花見計画/芝川CR延長の難題

パン教室のあと、別の授業を取っている奥さんと別れ、見沼方面に自転車を走らせました。
たまには気晴らしに軽く走ろうと思ってのことでした。
実際にはちょこちょこ走っていますが、ブログでまともに距離を乗ったという記事は、なんと去年の中山道ツーリング以来。道理で最近は体重が増し増し大盛り状態にあるわけです。
年始にリセットしてサイコンをふと見れば、積算距離は230kmを越えたくらい。ぜんぜん走れていませんね。

Dsc_0722

武蔵一ノ宮 氷川神社の三の鳥居には、まだ出店が残っています。それから交通安全祈願の車の列もまだあるようです。

Dsc_0723

大宮公園のNACK5スタジアムと県営球場の間を抜け、遊歩道をゆっくり大宮第二公園へ移動。園内には梅祭りのたて看板がいくつか出ていました。2月中旬ごろになるのかな。
そういえば、津久井湖城山の梅はいつごろになるのだろう。たまにはいってみようかと思いつつ。
遊水池の桜は、当然ながらまだまだ冬の姿。わずかに花の芽が確認できるくらいです。今年もお花見サイクリングを予定しているけど、ここ数年はなかなか満足のいく内容ではなかったので、本編とは別に僕なりの追加ルートを走ろうかと思ってみたり。
たとえば、永代橋や小伝馬町の街中に咲いている桜とか、日暮里駅前のちょっとした桜並木とか。近所であれば、ここのところ連続お流れになっている見沼代用水西縁とか、笹目川、鴨川、霧敷川の桜並木、荒川の戸田ボートの辺りもいいなぁ。

Dsc_0725

七里のカレー屋giiの前の県道をショートカットして、見沼代用水東縁へ。ヘルシーロードを南下してさぎ山公園を過ぎ、見沼大橋の手前の道をいつものように西縁に移動しかかったところで、「いつもどおり」は面白くないと、農道を適当に折れてみました。
少なくとも芝川を渡らないと家には着けないので、渡れる場所を見つけ、橋の上まで来ると、川沿いの土手がきれいに舗装されているのを見つけました。
芝川CRの延長が進んでいることは知っていましたが、ここまで進んできているとは知りませんでした。

Dsc_0726

しかし、写真のように既存の橋との接続はあんまり考えられていないようで、中途半端な高低差とガードレールに阻まれ開通するのは、まだ先になりそうです。この高低差だと、少しきつめなスロープで橋上まで上げて、ガードレールを取っ払うのか、アンダーパスにするのかが、はっきりしない状態。きっと、交渉次第でどっちにでも的な考えなんだろうけど、どちらにしろ無理がありそうな気がします。

| | Comments (0)

粗挽きハンバーグ

Dsc_0727

奥さんのために、夕食にハンバーグを作りました。

みじん切りの玉ねぎをいため、牛切り落とし、豚ロースとともにフードプロセッサへ。

ハンバーグの形に整え、付け合せのジャガイモとブロッコリーとともにオーブンへ。

今回のハンバーグにはパン粉や卵は入っていません。

ジューシーで肉を食べている満足感のあるハンバーグでした。

ソースは、川越で買った金笛しょうゆの「金笛和風フォンドヴォー」をそのまま使いました。

| | Comments (0)

肉まん、あんまん

Dsc_0719
今日はパン教室で肉まん、あんまん、花巻、ヨモギ蒸しパンを作りました。
特に肉まんは、具が程よく辛く、たけのこのしゃきしゃき感が素晴らしかったです。ちなみに具は用意されているものです。。。

一緒にお皿に乗っている食パンは、宿題(任意)で作ったパンです。
焼き色の薄い食パンをみて、先生はいくつかアドバイスをくれました。うちのオーブンの場合は予熱で最高温度の230度にして、その後、指定の温度で焼いてみるといいかもしれない。また、型が慣れていないから色が薄くなっているかもしれないとのこと。後者は繰り返し焼いて、型を慣らしていくしかないですね。

| | Comments (0)

焼きたてワッフル

Dsc_0677

Vitantonio の旧型のワッフルベーカーが、安売りしていたので買ってしまいました。

型番は VSW-450-W です。

現行型(VSH-4100)とこの型との違いをお店に確認したところ、熱源とか原理的なところに大きな違いはなく、中のプレートの耳が本体から少し出ているので、火傷に注意する必要があるとのこと。それから、現行型はプレートを完全に覆うことで挟み込んだ食材が少しぐらいこぼれても大丈夫とのこと。この型だと確かに横からもれそうです。

でも、8,000弱まで値下げされていたのでこの型を買いました。

付属のプレートはワッフルプレート、ポワソン(たい焼き)プレート、ホットサンドプレートです。

では早速、取扱説明書にあるレシピどおり、リエージュワッフル(ベルギーワッフル)を焼いてみましょう。

材料を混ぜ合わせて発酵するまでは、パンと同じ工程になります。パン生地より少し柔らかめです。

Dsc_0676

発酵が終わったら6等分して丸めなおし、10分間ベンチタイム。その間にワッフルベーカーの電源を入れて予熱します。

Dsc_0680

予熱したら油を引いて生地を2つおき、ジュジュッと蓋を閉めます。

Dsc_0678

3~4分待つと出来上がり。カリカリにしたい場合はちょっと長めに、しっとり仕上げたい場合は少し短めにします。

Dsc_0681

メイプルシロップをかけて召し上がれ。

| | Comments (0)

干し芋

奥さんがスーパーに行くたびに、干し芋の前で立ち止まるほどの干し芋好きだったりします。小さなころから良く食べていたそうです。でも、国産の干し芋は高くて若干躊躇するそうです。

それであれば、いっそのこと干し芋を作ってみようと挑戦しました。

Dsc_0671

まずは芋ですね。これがないと干し芋になりません。1個160円の立派なさつま芋です。

Dsc_0673

オーブンレンジの焼き芋モードで焼き芋にして、荒熱が取れたらスライスします。

それにしてもいい匂い。このまま食べたほうがおいしいのでは?

Dsc_0674

いやいや、今回は干し芋にするのだ!ということで、スライスした焼き芋を干しかごに並べます。

Dsc_0696

朝に外に出し、夜に仕舞い、繰り返すこと3日目。。。

干し芋の完成です。トースターであぶっていただきました。…やっぱり市販品には敵わない?焼き芋でやめておけばよかったか??という微妙な出来となりました。

まだ少し水分があるようなので、味見した残りはまた干すことにします。

| | Comments (0)

ライト断線

Dsc_0635

夕方、実家からの帰り、ロードで惰性に任せて、たらたらと走っていたら、ちょっとした段差でライトが接触不良になりました。
家まで数百メートルあったので、様子を見ながら、点いては進み、消えては止まりを、繰り返し、なんとか回復させようと、線をこじっていたら、ついに線が抜けちゃいました。

家に帰り、ハンダごてを、見つけ出してハンダ付け。久しぶりのハンダのにおい。
余計なハンダを吸い取り、電線かすを削り落として、剥き直した線を取り付けました。

Dsc_0638

見事、回復♪前より明るくなったかも(気のせい?)

| | Comments (0)

« November 2011 | Main | February 2012 »