« やってみよう!レザークラフト | Main

チョコレートづくりの不満

カカオラボに参加してから、チョコレートを作るのが楽しくてなりません。しかし、いろいろ道具を揃えたり、実際に焙煎から型に流すまでをやってみると、色々と手順や道具に不満な点が出てきます。もちろん、不満の原因は、経験値だったり、道具があり合わせすぎるということもあるのですが。。。

ひとつめは、焙煎の工程です。

Dsc_1686

カカオラボで覚えた手順をまねて、家でもカセットコンロを使って焙煎をしてみました。しかし、うちのカセットコンロは古いせいもあるのか、寒い中、風防なしでやったからなのか、なかなかハゼるところまで行きませんでした。フライパンを使って、IHでも炒ってみましたが、爆ぜるまでは割と短時間で行けたものの、フライパンがIHと接触していないといけないので、フライパンが振れず、火加減がよくわからずで、香りがうまく出ませんでした。やっぱり、ガスを使って、カカオ豆の重さと香りを感じながら、焙煎かごを振って炒るほうがよさそうです。もう少し、火力のあるコンロを使うのと、風防を用意する必要がありそうです。
コンロについては、手持ちの中ではアウトドア用のワンバーナーが火力もあってよさそうです。風防は調達するなり、作るなりしようかと思います。点火装置が不調ですが、接触を見直したら治りました。

Dsc_1734

もう一つ不満なのはチョコレートを溶かす時の温度管理です。普通は湯煎でやるだろうし、ちょっと出費すれば、こんな便利な道具もあります。

Dsc_1709

「加温」と「保温」の2段階ですが、ヒーターと小鍋がついていて、簡単にチョコレートを溶かすことができる装置です。湯煎でありがちな、お湯が冷めることと、お湯の混入による失敗がないのが便利なのですが、温度の立ち上がりがゆっくりなため、必要な温度に上がるまで何度か温度計を差し込まなければなりません。冷ます時は小鍋をヒーターから外して水で冷やしますが、この時も時々温度計をささなければなりません。小鍋に引っ掛ける感じで常時温度を表示するような装置が欲しいところです。できれば防水で。

以上、2点を何とかならないものだろうかと、考え中です。

|

« やってみよう!レザークラフト | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やってみよう!レザークラフト | Main