寝たふり?

ドンどんは何かにつけて、膝に乗せろと要求します。そして、一度乗せてしまうと1時間や2時間は寝ちゃうのです。
かわいいドンどんに乗っかられるのは、うれしい半面、同じ姿勢がつらくなってくるときもあります。
かと言って、完全に寝ていると思ってのぞいてみると…
Dsc_1821

たまには仲良くね

いつもは場所の取り合いで、すぐに喧嘩になるのに、珍しく仲良く譲り合っているように見えます。
Dsc_1779_2
でも、微妙な緊張感が漂っているような気もします。
Dsc_1781

今週は体重測定はお休みです!

雪だ!

土曜日はすごい雪でしたね。暴風雪の警報が出ていたので、家中の雨戸を1日中閉めていたら、ドンもチャーリーも不満たらたらでした。

日曜の朝、雨戸を開けたら大興奮。雨戸のある表を確認したら、今度は家の裏を見たいと要求してくるのです。ほんと、人使いの荒い猫たちだ。

Img_20140208_114547

名前体重コメント
ドン 5.0kg 相変わらず睡魔
チャーリー 4.6kg ちょっと痩せたかな?
だいにゃん(人) 75.2g 雪かきで疲労困憊

睡魔

夜7時以降に、ドンどんが膝に乗ってくるとなぜだかすごい睡魔に襲われます。本来は眠くなるはずもない時間なのに、8時半ぐらいから完全に寝てしましました。

こたつとの相乗効果で意識が遠のくこと請け合い。

Dsc_1751

もしかして、ドンどんが快適なベッド(人の膝の上)を確保するために、何かやっているのだろうか。

名前体重コメント
ドン 5.0kg 睡魔
チャーリー 4.8kg 甘ったれ王子
だいにゃん(人) 74.8kg 今週末も引きこもってしまった。。。

なでなでしてください。

しばらく2階で作業をしていると、チャーリーが何かわめき始めます。
どうしたことかと名前を呼ぶと、駆け寄ってきて何かを訴え始めます。

それから、部屋の外に来て欲しいようなしぐさをするので、リビングまでチャーリーについていくと、お気に入りの棚に上がって、甘ったれた目で見つめるのです。

Dsc_1740

いつもの「あれ」かと思いつき、頭をなで繰り回すと嬉しそうにします。

しかし、ここで調子に乗って、抱っこしようとすると、すっごく気分を害するようです。甘ったれのくせに。

名前体重コメント
ドン 5.0kg けんか番長?
チャーリー 4.8kg 抱っこはきらいなくせに
だいにゃん(人) 75.2kg 運動せねば。毎週物見山詣でしようかな?

鼻セレブ

贅沢なティッシュペーパー鼻セレブで、オリジナルMyプチセレブがもらえるかもしれないというキャンペーに乗せられました。

鼻セレブといえば、かわいいウサギやパンダの写真がパッケージに印刷されているのですが、オリジナルの写真で同じようなパッケージを作れるとしたら、もちろん、うちのかわいい猫のドンどんかチャーリーの出番です。

写真をPCから漁りまくって、迷いに迷った結果、以下の写真に至りました。
Previewphp

うーん、やっぱりかわいい。。。

鼻セレブ(http://hana-celeb.com/)

※いまどきながら、いきなり音楽が鳴るので注意

名前体重コメント
ドン 5.0kg くびれがあるかどうか微妙
チャーリー 4.6kg 体重は変わらないのにもこもこしてる?
だいにゃん(人) 74.8kg おなかのお肉は順調です♪

陽だまり

年末の大掃除で模様替えをしたロフト部屋で素敵な陽だまりができました。
住宅密集地で日あたりがいまいちな家で、ここが最も長時間日の当たる場所。ドン(写真)もチャーリーもお気に入りです。

Img_20140112_124317

名前体重コメント
ドン 5.0kg 陽だまりでぬくぬくホカホカ
チャーリー 4.8kg ドンに内緒でごはんもらってます。
だいにゃん(人) 74.6kg ぽちゃ、ぽちゃ、ぽちゃりん♪

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。
Dsc_1580n
ドン(右) もチャーリー(左)も元気です。

名前体重コメント
ドン 4.9kg 一時期ぽっちゃりしてたけど、ちょっと痩せた?
チャーリー 4.5kg ドンに比べるとスリムに見えるけど、体重はふつう?
だいにゃん(人) 75.5kg ぽちゃ、ぽちゃ、ぽちゃりん♪

Excelでにゃんこシルエットシール

Dsc_3244_2
Excelの図形描画機能を使って、愛猫の写真をトレースしてシールにしてみました。

Excelといえば、Microsoft Officeを構成する表計算ソフトですが、表計算ソフトにしては、過剰とも思えるドロー系の描画機能が搭載されています。もちろん、イラレなどに比べるべくもありませんが、工夫次第でかなり複雑な絵も描けるようです。

では、シールの作り方を説明します。なお、ここからの説明では、図の細かい操作は省略しています。

Image1
まずはシールのトレースもととなる写真を選択します。今回は、トレースしてシルエットのみにするので、三角耳や長いしっぽなど形のはっきりした写真を選ぶとよいと思います。

Image2
次にExcelを起動します。

Image4
写真や図形をレイアウトしやすいように、セルの縦横のサイズをそろえて方眼紙のようにしておきます。写真では20ピクセル×20ピクセルにしています。

Image7
[挿入]メニューの[図(の挿入)]で目的の写真を取り込みます。

Image9
適宜、回転やサイズ変更をして編集しやすいところに移動します。今回は[図ツール]-[配置]-[左へ90度回転]をかけました。

Image11
今回はコンセントの後ろを駆け抜けるイメージなので、コンセントの形を作って配置を検討します。[挿入]-[図形]-[角丸四角形]を追加して、[図ツール]-[サイズ]で実際のコンセントのサイズにします。

Image13
写真や図形などを拡大縮小して、レイアウトを決めます。拡大縮小をマウス操作で行うときは、[Shift]を押してから操作すると、縦横の比率が崩れずに拡大縮小できます。

Image14
[挿入]-[図形]-[フリーフォーム]を選んで大雑把にシルエットの形をなぞります。後で調整するので、この時点では細かいところまでなぞらず、カクカクした状態でよいので、ざっくりと形を捉えるようにしましょう。ポイントはカーブや角の頂点は必ず押さえるようにしておくことです。

Image17
だいたいこんな感じ。線色が見えにくいときは赤などの目立つ色に変更しておきます。塗りつぶしは[塗りつぶしなし]しておきます。

Image18
ここで一度、塗りつぶしを黒にして、イメージを確認しておくとよいでしょう。イメージを確認し終わったら、再び線色を「赤」にして、塗りつぶしを「なし」にします。

Image19
調整する図形をひとつだけ選択して、線の上で右クリックメニューを出し、[頂点の編集]を選択すると、選択している図形が、頂点の編集モードになります。このモードは編集対象以外の図やセルを選択すると解除されてしまいますが、解除されたら、再び編集対象の図形を選択して、右クリックメニューの[頂点の編集]を選択すれば大丈夫です。

Image20
次に調整したい頂点の上で右クリックメニューを表示します。ここでは耳の形を丸く整えたいので[頂点を中心にスムージングする]を選択しました。楕円のように丸くしたい場合は[頂点を中心にスムージングする]を選択します。
すると、頂点から青い直線とその線の端に白い四角が表示されます。この白い四角で頂点の丸みを調整します。写真と見比べながら黒い四角の頂点を移動し、白い四角で丸みを調整します。

Image25
写真の猫の口のところのように切り替えしをしたい場合は[頂点を基準にする]を選択します。[頂点を中心にスムージングする]は青い線は直線で白い四角は連動していますが、[頂点を基準にする]は頂点を挟んで白い四角を自由に設定できます。そのため、猫の口や耳の間などの切り替えし(とがった部分)を表現できます。

Image31
すべての頂点を調整し終わったら、再度写真とのずれをチェックして、トレース完了です。

Image32
コンセントの形を含めて、すべての図形を別のシートにコピーします。

Image34
白いシール用紙に印刷するので、塗りつぶしを「黒」にして、線色を「なし」にします。

Dsc_3240_2
今回はしっぽが立っている絵で余白が多くなってしまったので、用紙節約のため、A6サイズに収まるようにレイアウトを直してから、印刷しました。

Dsc_3242_2
ふちに沿って切り抜いたら…

Dsc_3244_2_2
貼り付けて完成!
貼り付けるときは、シールの上からコピー紙などを重ねて、よくこすって壁紙に密着させます。

※シールは壁紙にダメージを与える可能性があります。ここにある方法で作成したシールに関しては一切の責任を負いません。

猫ドア設置

ついにうちもお猫様専用出入り口を設置しました。
20130706122120_photo

まずは、猫ドア選び。
いくつか見て回って、ペットドア専門店 ぺっとどあのペットアカシヤ(http://www.rakuten.co.jp/akaciya/)で販売している、PET-MATE社のR234にしました。

次に施工を業者に依頼するか、DIYするか悩みました。
実績のある業者ならドアの構造もわかっているだろうし、仕上げもきれいだと思われます。でも数万円とられるのはちょっと痛いところです。ペットドアを発注したアカシヤさんも施工をやっているのですが、1.2万円~。我が家まで出張をお願いするともう少し値が張ります。
DIYだと失敗しても自己責任。気に入っている家のドアに穴をあけるということもどこか引っかかります。しかし、安くあげるならDIY…ということで、DIYを決意しました。

アカシヤさんのHPに掲載されていた取り付け方法を大いに参考にして、いよいよ取付です。

20130706062807_photo
まずは下地センサーでドアの構造を探っていきます。下地センサーで見つけたドアの構造部分に印をつけていきます。
20130706064151_photo
中央に明かり採りのスリットが入っている我が家のドアは、枠以外はほとんど空洞のようでした。
ドアの構造の部分に注意しつつ、取り付け位置に鉛筆で線を引いていきます。
線を引いたら、その少し内側の四隅に電動ドリルで穴をあけます。ひとつだけだとのこぎりが通らないので、並べて3~4回穴をあけます。あとは鋸で鉛筆の線の1mm位内側を切っていきます。
20130706090351_photo
穴が開いたら、鉛筆の線ぎりぎり内側まで穴を広げます。
20130706091551_photo
広げたら、仮組してサイズや取り付けた時のゆがみがないか確認します。
20130706092948_photo
目印はすべて外して、鉛筆の線も消したら、組み付けて出来上がりです。

ドンもチャーリーも、フラップ(猫ドアのドア部分)がいまいちらしく、なかなか通ってくれません。当面はフラップを引き上げた状態にして、通り道であることを覚えてもらう必要がありそうです。

«お誕生日おめでとう

twitter

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のコメント

最近のトラックバック

NUMB3RS

無料ブログはココログ